音楽はいつまでも(El latido de mi corazon)



ピクサー映画"リメンバーミー"のエンディングで流れる曲のタイトルです。


私は所縁のあるメキシコがテーマということもあり、この映画・そしてこの歌がが大好きです。


"リメンバーミー"は、メキシコが舞台のアニメーションで、

11月1~2にかけて行われる"死者の日"に起こる、家族の物語。



"死者の日"には、故人の魂が現世に戻ってくる日とし、

祭壇に故人の写真や花、骸骨や生前好きだったものを飾り、お祝いします。


なんだか日本のお盆によく似た習わしですよね。


しかし、その物語のユニークなところは

死者の日、祭壇に写真が飾られている故人だけが現世に行くことが出来て(姿は見えませんが、)家族のそばで過ごすことが出来る。というのです。


「祭壇の写真」が、現世へいける「パスポート」なのです^^



以前のブログにも書きましたが、

生きている人が想い続ける限り、魂は生き続ける。

これが劇中でも語られ、とても共感したのを覚えています。


毎年15日は川尻町で"精霊流し"が行われ、花火が上がったり屋台やイベントがありとても賑わいますが、昨年に引き続き今年も中止です。


このお盆の期間(地域によって異なりますが)、お店は忙しく皆がバタバタしている姿に

祖父やご先祖様は「しっか、がまだせ~!(しっかり頑張れ~!)」

と近くで見ている事でしょう^^


皆さんはどんなお盆をお過ごしですか?

このような状況の中、帰省が出来なかったり親せき皆で集まることを諦めた方も沢山いらっしゃると思います。



そんな時には、そばにいる大切な人と、大切な人を想いながら見ていただきたい映画です。


~みんなの思い出とともに

生き続ける いつまでも~

エンディング曲「音楽はいつまでも」より



余談ですが、スペイン語の歌詞と日本語の訳は少し違って、、、

タイトルも(El latido de mi corazon 私の心の鼓動)なんですよー^^





351回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示