熊本地震「もうダメだ、、、」からの奇跡の復興

「熊本には地震はこん(来ない)」

誰もがそう思い込んでいた。


6年前の4月14日9:26PM 前震、 4月16日1:25AM 本震


怖かった、、、


本震の時には寝ていた私は、激しく揺れた瞬間手をグイっと引っ張られて、寝ぼけ眼で2階から裸足で飛び出した。


隣の家に住んでいる両親と祖母、鍵が閉まって開かない、まだ出てこない。

オレンジに染まる祖母の部屋を見て"火事だ!!"と早とちった私は大声で泣き叫び、ドアを叩き続け、やっと出てきた彼らの姿に安堵する。


それも束の間、有明海からの津波が来ると思い込み、車に乗り込んだものの

"私たちはどこへ逃げてももうダメだ、、、"と、生まれて初めて心の底から暗闇の中でこの世が終わってしまうのではないかと思うほどの恐怖を感じたあの日。



【上記2枚の写真提供:熊本城総合事務所】


あれから6年、熊本は全国の沢山の方に支えられ、

少しづつ復興してきました。当時の事を思い出すと胸がいっぱいになります。


「みんな、ありがとう!!」


我々の町のシンボルである熊本城もいよいよ待ちに待った復活を果たします!!


自分たちにはどうすることも出来ない「何か」に脅かされる毎日ですが、しっかり前を向いて歩いていきたいです。是非熊本にも遊びに来てください!!

320回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示