top of page
  • 執筆者の写真tenmeido

令和5年 7代目現会長 黄綬褒章受章

令和5年11月2日


長年にわたってその道一筋に打ち込んできた人に贈られる「黄綬褒章」

天明堂7代目、現会長北川和喜が有難く受賞いたしました。


ニュースや新聞で報道され、

朝から沢山のからのメッセージを頂き

本当にありがとうございます。


本人としましては

「この賞をいただくことによってますます菓子に精通し、これからも生涯手が動く間

この仕事を続けていきなさい、と言っていただいていると思う」


「もっと多くの人たちにお菓子を食べて楽しみながら幸せな生活の一部に役に立たせてもらえばこれにこしたことはないと思う」


とコメントしております。


令和4年度の「現代の名工」に引き続き、このように素晴らしい章をいただけたのも

一重に天明堂を愛してくださるお客様、関係者の皆様、スタッフ、家族の支えがあっての事です。


これからも会長の想い、技術を引き継ぎ、天明堂らしく「楽在菓中」を探求していく所存でございます。

今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。


8代目 北川広美



閲覧数:382回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page